1. トップページ
  2. >
  3. 業務内容
  4. >
  5. 派遣・請負・外国人労働者

派遣・請負・外国人労働者

職場における雇用形態の多様化が進んでいます。
正社員、契約社員、パートタイム労働者、嘱託社員、派遣労働社・・・。
正社員についても、勤務地限定社員、職務限定社員、短時間正社員・・・。
契約社員も、1年の期間限定、3年の期間限定など様々な契約内容の社員がいます。

仕事内容と働く人の希望に合わせるため、職場における労務管理はますます複雑になっています。
こうした中で、特に注意を払う必要があるのが、派遣労働者や請負契約の活用と外国人労働者の採用・雇用管理ではないでしょうか。派遣労働者と請負契約を有効に活用するためには、労働者派遣法(労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律)の正しい理解が不可欠です。
また、外国人労働者については、外国人技能実習制度や出入国管理及び難民認定法を正しく理解しているだけでなく、諸外国の諸事情に通じていることが求められます。

SCSは、職場におけるこれら人材のベストミックスを実現するため、貴社の人事労務管理に関するアドバイスを行っています。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ電話とメール